忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自宅撮りのときはだいたい壁やカーテンが背景。
はたまた壁に貼り付けた布かナニカ。

04_09.jpg 04_10.jpg

たまには違う背景で撮ってみたい!
という訳で、第4回のテーマは


自宅で簡単撮影ブースの作り方


です。

今回はプチスペースで短時間で作れるタイプにしてみました。
思い立ってサックリ撮影したい!という時にオススメです。

それでは続きは、右下から~。

拍手[44回]




まず肝心なスペースですが、半畳あれば十分。
テーブルや机の上でも大丈夫です。


04_01.JPG

フェンスみたいなモノ(高さ約50cm)を2枚。
園芸用ワイヤーなどで繋げて立たせます。

60クラスのドールなら一回り大きくても良いかもしれません。
入手先は100円ショップやホームセンターです。

写真では絨毯の上ですが、
滑りやすい場所でやるなら滑り止めに何かひくか、
テープなどで軽く固定してあげてください。



04_02.JPG

背景布を投下。
布丈は床までしっかり覆う長さ(目安はフェンスの高さ+1m)がベスト。


写真は布というかロングスカート(衣類は意外と使えます)ですが、
見ての通り丈が足りません。



04_03.JPG

足りないので床面に人工芝マットをひいてみました。
これも入手先は100円ショップです。

ソンナモノナイって?

床面はフローリングや絨毯をそのまま残してもいいですし、
布や紙をひいても面白いです。
コルクマットやゴザ、ランチョンマットなんかも使えます。



04_05.JPG


アクセントにストールと、
時期的にクリスマスだったのでなけなしのオーナメント。
地味ぃな感じのクリスマスブースになりました。

小物は造花やアンティーク小物、お菓子などなどなど。
テーマに合ったものを2・3個ぐらい放り込めばOK。


(ボリュームのあるブースにしたい場合は、小物をたくさん入れてください)


そういうわけで以上。5分もあれば完成です。


本当に簡単ですがメインはあくまでドール。
なので、ブースこれで十分なのです。

実際に撮ってみるとこんな感じになります。



04_06.JPG


04_07.JPG


04_08.JPG

最後の写真は60クラスになります。
ブースの高さが50cmぐらいなので手狭ですが、
顔メインに写すだけなら問題ありません。


ちなみにポイントは、

ブースやドールは立体感が出るようにセットすること。
撮るときはドールを大きく写し、ブース全体を撮ろうとはしないこと。


平面的にセットしてブース全体を写そうとすると、
ボリューム感に欠ける簡単ブースなのでどうしても残念な感じになります。



それではまとめ!


自宅で簡単撮影ブースの作り方
>>>用意するもの:フェンス(2枚)・背景布・小物
>>>フェンスに布を掛け、小物とかを置く



自宅撮影でいつもと違う背景にしたくなったときは、
ぜひブース撮影に挑戦してみて下さいー。

--------------------------------------
追記。
撮影ブースと呼ぶには簡単なものですが、
意外とご好評いただきありがとうございます!
少しでも皆様の参考になれば、と
今後も作り方・コツについてポツポツ投稿していきますので、
どうぞよろしくお願いいたしますー!
(2013.01.07 べむ)
--------------------------------------


毎度の次回予告。
せっかく今回のテーマが自宅ブースの作り方だったので、
自宅撮影のあるあるネタとして、顔が暗くなってしまう時の対処方法を書きたいと思います。

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
【第5回】撮影で顔が暗くなってしまう時の対処法 HOME 【第3回】ISO感度は高ければ良いってものじゃない?
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
ヒトコトメモ

長期放置から復活いたしました~

さっそく次の更新に向けて・・・
花粉と戦いながら作業中です!

(2013.03.17)

ブログ内検索
携帯版