忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はじめまして。記念すべき第1回です。

何をテーマにするかカナーリ迷ったのですが、
まずはブログを立ち上げる切欠となったネタについて書きたいと思います。


さて。


ドール写真を見ていてこんなコト思ったことありませんか?


01_01.jpg 01_02.jpg
デカ鼻というかデコ・・・。
なんか短足っ!


コレ、コンデジや携帯カメラに特に起こりやすい現象なんです。
デジイチでも起きるのですがそこまで顕著ではありません。

でもせっかく撮るならちゃんと見えている通りに撮ってあげたい、というのが親心。


そういう訳でして第1回のテーマは、


デカ鼻・短足にならずに撮るには?
対象:カメラ全般(特にコンデジ・携帯カメラ)


です。続きは右下からどうぞ~。

拍手[17回]


最初に結論から。

ドールからカメラを離せばいいのです。
離れて、その分ズームで撮ると歪みが軽減されます。


たったそれだけ?と思われるかもしれませんが、比較して撮ってみるとこんな感じ。



01_04.jpg 01_03.jpg


01_06.jpg 01_05.jpg

左(携帯では上)はドールに寄って撮ったもの、
右(携帯では下)はズームで撮ったもの。
ちょっと証明写真っぽいですが違いはこの通り。

ちなみに、コレはデジイチ(標準レンズ)で撮りました。デジイチでもこんなもんです。
(歪まずに撮れるレンズや機能なんてものもあります)


歪み(正しくは収差)にもいくつか種類・性質があるのですが、
そんなマニアックな話は省略しましょう。

とりあえず画面の中央から周辺、特に四隅が大きく歪むと覚えておくと便利です。



さて。ここからはプチ補足。

先ほどから歪み歪みと連呼していますが、
歪まないほうが良いという意味ではありません

画面いっぱいにドールを写したいときは顔が歪まないほうが良いのでズーム。
周りの風景と合わせてとるならあえて歪ませたほうが臨場感が出ます。



そういうわけでして、まとめ!

デカ鼻・短足ならずに撮るには?
>>>被写体から離れてズームで撮る



次回予告。

自宅撮影でも、イベント会場撮影でも、ハウススタジオ撮影でもあるあるなネタとしまして、
「暗いところで撮る方法」についてです。

よろしければ次回もお付き合いくださいー。

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
【第2回】暗くてブレる! HOME 使用カメラ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
ヒトコトメモ

長期放置から復活いたしました~

さっそく次の更新に向けて・・・
花粉と戦いながら作業中です!

(2013.03.17)

ブログ内検索
携帯版